おしらせ

2017年12月2日
こんにちは
12月になりました。日は傾き、空から冷たい空気が降りてきました。
「どっこい」
一生懸命に衣、靴下を重ねるだけ。平穏無事な毎日に感謝しております。

展示販売のおしらせ

京都 恵文社 12月5日〜12月11日


恵文社

・熊本県阿蘇を拠点に、木彫り人形、ハンコ、イラストなどを制作販売しているキタカゼパンチさん。今回のポスターも製作して下さいました。
北国では、童子のさむくてほっぺが紅い様子を「キタカゼパンチ」というそうです。
https://www.instagram.com/kitakazepunch_n

・蝋引きの帆布で小物類からリュックサックまで製作しているダブラブヨブスさん。
カラフルな帆布を組み合わせた丈夫で軽快なカバン類を是非ご覧あれ。
https://www.instagram.com/dubluvyobs/

・ラップラップさん
真鍮やアルミなどの金属を叩いて成形する「鍛金技法」によって、カトラリーやお皿などの実用品から、金属の特製を生かしたブローチなどの小物まで幅広く手掛けていらっしゃいます。
http://raprap-n.blogspot.jp

・studio ayumqさん
手紡ぎ手織の木綿布やアルパカ、ウールのマフラー等を製作されています。
http://studioayumq.wixsite.com/home/infomation

2017年11月17日
アカデミアプラトニカでの展示販売のご案内
手仕事のある暮らし展 アカデミアプラトニカ

2017年11月28日[火]〜12月4日[月](会期中無休)
開館時間 午前11時~午後5時(最終日は午後4時まで)

〒311-0134
茨城県 那珂市 飯田2574-17

電話番号 029-295-5050
FAX 029-295-61

アカデミアプラトニカ

東京都青梅市にある藍染工房「壺草苑(こそうえん)」でお世話になっていた頃、毎年こちらのギャラリーに伺っていました。
周辺の環境ももちろんですが、ギャラリーの佇まいが印象的なので、是非ドライブなどで訪れていただきたい場所です。
暑かった8月、兵庫県西脇市の大城戸織布さんで、短繊維を柔らかく紡いだ綿糸でやや厚手の柔らかい生地を織ってもらいました。今回はこの生地で、スカート、キュロット、パンツ等を作って展示します。
その他に、和田メリヤスさんの生地で作った、藍染ボーダーシャツ等展示販売いたします。

2017年11月14日

出展のおしらせ/日本のものあわせ

日本ものあわせ 期間限定ショップ[11/22(水)→12/5(火)] 
あべのハルカス 近鉄本店

【タワー館2階「イベントスペース(くつろぎの森横)」】 

☆出店者一覧☆

◎11/22~展開ブランド(「くつろぎの森」横)

・【木工】Clappin jam/Clappin jam Wood/ 愛知県
・【パイレックスガラス】Calm glass/ 愛知県
・【パイレックスガラス】玉響glass/ 神奈川県
・【革こもの・かばん】TAMURA/ 大阪
・【革こもの・かばん】ATHECN/ 大阪

◎11/29~展開ブランド(ウエルカムガレリア横)

・【オリジナルメンズアパレル】カブクアジト/大阪
・【紡・織】studio ayumq/ 和歌山県
・【裂織】そらいろ/ 和歌山県
・【草木染・織】佐藤亜紀/ 京都
・【ストール】haruki/ 東京
・【革こもの・かばん】TAMURA/ 大阪
・【アクセサリー】aturae/ 京都
・【ガラスアクセサリー】Orange Marmalade/
 兵庫県
・【衣類】そらのき/ 京都
・【藍染】ニワカヤマ/ 和歌山県


instagram #日本のものあわせ

ーーーーーーーーーーーーーーー
青空に蜜柑はずむ 紀州の晩秋

いつも一緒に活動している友渕定代さんと菅野あゆみさんの展示の紹介です。
二人はそれぞれ、藍染のカバン、藍染のストールを製作しております。
染めは、こちらと同じ藍甕をつかっています。

今回は、少しですが私も一緒に展示させていただきます。

- studio ayumq (菅野あゆみさん)のウール、アルパカ等の手織のストール
- そらいろ (友渕定代さん)の鞄
- ニワカヤマ 藍染ボーダー等の綿ニット製品を中心にいくつか

2017年10月26日
京都大丸でお会いした方々

京都大丸百貨店でお会いしたお客様、お世話になった皆様、この度はどうもありがとうございました。

1階ということもあり、様々な出会いがあり、大変刺激的な1週間でした。

週末は無事に過ごされましたか。

お買い上げいただいた商品につきまして、不明な点などありましたら、いつでもご連絡下さい。
お元気で、是非また会いましょう。


天気予報 スプーンとまる
荒神様、え、もう一個来るの?

2017年10月2日

富山、ノビル舍さんありがとうございました。

こんにちは
実り、祭り、サンマおかえり(←今年は一体どしたの?)の季節。

富山はノビル舍さんでの展示が終了しました。
足を運んでいただいた方々、ギャラリー主の五十嵐さん、ありがとうございました。
またいろいろな商品を沢山作って、伺いたいです。
どうぞお元気でいらして下さい。
雄一君もありがとう。路面電車に乗って会いに行くよ。

展示 販売のおしらせ 『日本のものあわせ』 

大丸 京都店 1階 イベントスペース

10月11日(水)~17日(火)
 

instagram #日本のものあわせ

今年は『日本のものあわせ』というイベントに声をかけていただきまして、あちこちに行きました。
様々な方にお会いしましていろいろとお世話になりました。

どうもありがとうございます。

今回は、京都大丸にて開催される『日本のものあわせ』に参加します。
これからの季節に着る、パンツやスカート、カットソーやベストを作って持って行きます。

熱烈に製作中
今回は、鞄等の袋物を製作している友渕定代さん(写真左下)、手紡ぎ手織りの菅野あゆみさん(写真上)と一緒です。

2017年9月7日

福岡ではどうもありがとうございました。

9月になりました。
日が傾き、風が廻り、汗が吹き出すような暑気はどこかへ行ったもようです。

instagram #日本のものあわせ

大丸天神店にお越しくださった方々、お世話になったスタッフの皆様、ものあわせのスタッフ、出店者の皆様、どうもありがとうございました。
またお会いするのを楽しみにしております。
どうぞお元気でいらして下さい。

展示、販売のおしらせ 富山市 ノビル舍

2年前よりお付き合いさせていただいているギャラリーさんが、富山市にある、ノビル舍です。
ここで9月16日から10月1日まで、ボーダーカットソーとスカート、パンツ類を中心に展示と販売をしていただきます。

和田メリヤスさんの吊り編みの、しっかりとした生地で作ったボーダーシャツはこれからの季節にぴったりです。

ノビル舍さんは、富山大学のそばの閑静な住宅街にあります。富山駅から市電に乗って15分ほどの場所です。いくつも見所のある、秋の富山。よろしければお立ち寄り下さい。

開業時間 10:30〜18:00

住所:930-0887 富山県富山市五福4178-17
 電話:050-3415-8792
 email: info☆nobirru.com
  nobirru☆yb3.so-net.ne.jp(☆を@に代えて)

2017年8月27日
copsさん、朴さんでの展示におこしくださった方々に御礼を申し上げます。

小森さん、ウータンさん、どうもありがとうございました。

商品について不明な点や補修、染め直し等はいつでもご相談下さい。

展示、販売のおしらせ


『日本のものあわせ』

こんにちは。お元気でいらっしゃいますか。
近隣では、稲の刈り取りが始まっております。
過激な暑さだった、今年の夏。ようやく通り過ぎつつあります。
 
 ヤマアラシ にしびさしこみ デスメタル

扇風機と古い時代のハワイの音楽をよりどころに、スカートやパンツ、キュロット等を縫っては染めていました。

作りためた商品をたずさえて、『日本のものあわせ』の大丸天神店での催しに参加します。

出会う。使う。つながる。日本のものあわせ 大丸天神店

『全国から熱き作り手12名が出店。
もの作りにこだわる日本の熱き作り手たち。
その作り手たちが自慢のものを持ち寄ります。
作り手たちと心に響くものたちに会いに来てください。』

8月30日(水)~9月5日(火)
本館1階 アンテナプラス

2017年8月2日
展示、販売のおしらせ
copseの小森さんの企画「はるかなる紀伊國」展が和歌山に戻ってきました。
本日より、田辺市中辺路の 『カフェ朴』さん にて、開催中です。
朴さんのお店は、佇まいや立地がとても魅力的です。
お近くをお通りの際には是非お立ち寄り下さい。

cafe 朴 さん

copse 「はるかなる紀伊國」和歌山巡回展 

8月2日(水)~8月12日(土)*8/6(日)〜8/8(火)はお休み
場所/「田舎ごはんとカフェ 朴」和歌山県田辺市中辺路町近露203  0739-65-0694

cafe 朴 さん

8月2日(水)~8月12日(土)*8/6(日)〜8/8(火)はお休み
場所/「田舎ごはんとカフェ 朴」和歌山県田辺市中辺路町近露203  0739-65-0694
*EAT&TALK
8月11日(金)
10時〜「和歌山のおいしいものマルシェ」
熊野のおいしいもの、おいしいものを作る人が朴の店頭に集まります。
14時〜「和歌山のモノものがたり」
本展にご参加のつくり手に、それぞれのこだわり、ものづくり背景をうかがいます。
G.works(木工)jiji(服)ROCA(革)studio ayumq(手紡ぎ手織り布)こうのさちこ(写真)ニワカヤマ工場(藍染め)中本純也(陶)角田清兵衛商店(弁当箱)高田耕造商店(シュロ)

2017年7月7日
展示、販売のおしらせ

copse 「はるかなる紀伊國」
<7月13日(木)〜22日(土)>

東京都練馬区石神井でcopseというお店をされている小森さんに声をかけていただき、和歌山県内でものづくりをされている方達と一緒に展示販売をさせていただくことになりました。
小森さんは、年明け間もない1月の寒い午後、わざわざ運転して訪ねてきて下さいました。
黒い外套をさらっと着られた小森さんはとても格好良く、けれどわが作業場はしずかに冷え込んでいまして、そんな中で企画展のお話を丁寧にして下さいました。

今回は和田メリヤスさんの生地を使った藍染のボーダーシャツやカットソー類を中心に展示させていただく予定です。